憧れの先輩を見つけよう♪先輩看護師を目標にすれば仕事も上手くいく!

新人看護師のスキルアップの方法

新人看護師にとって、職場で活躍している先輩たちは良い目標になる。将来どのような看護師になりたいのかという目標を掲げて仕事に取り組んだ方が、モチベーションを維持する効果が大きいからだ。

ただし、新人が安易な考えで先輩の仕事ぶりを真似しようとしても、うまくいかないことは理解してくべきだろう。ベテランの先輩たちがスムーズに看護の仕事をこなせるのは、長年の業務を通じ看護経験の積み重ねてきた背景がある。先輩たちが有する看護技術は一朝一夕で身につくスキルではなく、看護業務に就いたばかりの初心者が同じように業務を行おうとしても上手くできない。むしろ、かえって悪い状況に陥る可能性もあるため、実力が伴わないまま憧れの先輩を真似するのは問題な点がある。

そのため、新人の看護師は先輩との実力差を自覚し、できない事には安易に手を出さず慎重になることが必要だ。自身のできる範囲をまず理解することが、新人にとっては大切なのだ。また、看護の仕事で分からない点があれば、積極的に先輩に相談することがスキルアップにつながるだろう。新人は新たに学ばなければならない知識が多く、一人で勉強するとなると大変だ。

そこで新たに就いた病院などの医療の職場では、頼りになる先輩と早い段階で良好な関係を築くことから始めてみると良い。なんでも相談できる先輩を職場で見つけられると、新人看護師が身に付けるべき知識を先輩から効率よく吸収でき、早いスキルアップが期待できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です